blogkijitop.gif

2015年09月28日

繁忙期直前!アクセス数を上げるためにディスクリプションが大切なワケ

muraishi.jpg
こんにちは、村石です。

9月も今週で終わりですね。
本年も気がつけば残り3ヶ月。
最近まで暑かったのが嘘のようです。
季節の変わり目で体調を崩しやすくなるので皆さん気をつけてください。

さて、本題に移りましょう。
まずはこちらの検索結果をご覧ください。

WS000075.JPG






特に変わりのない、どこにでもある検索結果です。
では、あなたが物件を探す人だった場合、どの箇所に着目してサイトにアクセスするか判断しますか。


canvas.jpg







上記赤枠の部分・・ではないでしょうか。
ここは「ディスクリプション」とも呼ばれる箇所でアクセス数を上げるためには大切な箇所です。


■最も長い時間読まれているのは「ディスクリプション」
ディスクリプションはなぜ大切なのでしょうか。
それはデータにも表れています。

Dynamical.biz社というデータ分析企業によると、サイト訪問者は「ディスクリプション」をじっくりと読み、長い時間をかけているとのこと。
http://dynamical.biz/blog/web-analytics/serps-user-behaviour-eye-tracking-study-32.html

たしかに私も何か調べものをする際には必ず「ディスクリプション」を読みます。
読んで、サイトにアクセスするかの判断材料にしています。
いまは数多くのサイトが検索結果に表示されるので全てを見ていくことはしませんからね。
もちろん、物件を探す人も同じくディスクリプションを読んで訪問するサイトかの判断をしていることでしょう。

なので「ディスクリプション」の強化をしてください。
ページタイトルもSEOでは大切なのですが、いくら検索結果で上位表示されていてもクリックされないと意味はありません
検索結果で上位表示を目指すだけではなく、クリックされるサイト。クリックしたいと思わせるサイトづくりをしていきましょう。


■リブロでは「ディスクリプション」を簡単に編集できる
リブロでは、物件ページごとに独自の「ディスクリプション」を設定することができます。
管理画面内で物件を選択して項目欄で入力するだけ、です。

ページタイトルは書くが「ディスクリプション」は書かないケースが多いのが現実です。
「ディスクリプション」の強化はアクセス数や反響数に繋がる施策ですので、「ディスクリプション」なんてこれまで書いたことがないよという方、ぜひ見直してみてください。


■最後に1点だけ注意点
「ディスクリプション」を設定したからといって、設定した文章がそのまま検索結果に反映されるわけではありません。
もちろん、「ディスクリプション」に設定した文章が優先的に表示されますが、検索キーワードによっては検索エンジンが適切だと判断した箇所を表示させることがあります。全てをコントロールできるわけではないことを覚えておいてください。

本格的な繁忙期に突入する前に少し見直しをしてみてください。
少しの手間で大きな効果に繋げられる箇所ですので、今後は「ディスクリプション」にも注目して物件ページをつくってみてください。


posted by 村石 at 08:00| 企画開発スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

物件ページやブログを更新する際のタイトル、どうしていますか?

muraishi.jpg
こんにちは、スラッシュの村石です。

物件情報ページやブログを更新する際にタイトルのつけ方、どうしていますか?

物件の特徴をそのまま書いてみたり。
または、SEOを意識してさりげなくキーワードを含めてみたり工夫をしている人もいることでしょう。今回は記事のつけ方についての応用編をご紹介します。

先日、知人との雑談をした中で心に残る言葉がありました。

「記事のタイトルに知らないキーワードが入っていたら、絶対にそのページは見ない」

グーグルやヤフーなどの検索結果で上位表示されていても、タイトルが意味不明だとクリックされることはない!という厳しい現実・・。もちろんこの世は十人十色。一概には言えませんが、この一言はインターネット集客をする上で重要なヒントだと思います。


■知らない情報は避けられる傾向にある?
単語やサービス名を知らない場合の思考はこうでしょうか。

分からない→想像できない→興味がわかない→サイトに訪問しない→お問い合わせしない

言われてみれば納得ですね。どの業界でもそうですが、知らない人からしてみれば単なる分からない言葉です。

分かりやすいように、ちょっと極端な例を出してみます。
例えば、

今月までのお申込みで3月末までフリーレント!

今月までのお申込みで! と煽られても・・。
わからない人にとっては完全スルーの対象となります。

そこで、

今月までのお申込みで3月末まで家賃無料!

と書かれると具体的なイメージが伝わってきて、3月末まで無料か!お得だね!となります。


■わかりやすさを追求して差別化を図る
もちろん、関連するキーワードを記事のタイトルに入れるのは当たり前ですよね。何について書かれた記事なのかを明確にする意味もありますし、何よりSEOに有効ですから。検索エンジンからの流入が見込めるので、商品名で上位表示されるのであればそれに越したことはありません。

しかし、コンビニの数より多いといわれる店舗数が存在するこの不動産業界。競合他社が多いので、短期間で簡単に検索結果で上位表示されるほど甘くはありません。
そこで、まずは記事公開時にどれだけ多くの人に読んでもらうかがポイントになってきます。

今回お伝えしたいことは、何が何でもキーワードを入れる必要はない!ということです。記事を読まれるためにSEOのテクニックはもちろんですが、“わかりやすいさ”を追求しましょう。

フリーレントの意味は?
管理物件だからどう良いことがあるのか?

不動産に詳しくない人向けに意識して記事をつくってみましょう。
そうすれば

記事を読まれる→(SNSで拡散される)→アクセス数が上がる→固定読者が増える

と、アクセスアップに繋がると思います。
やってみると案外難しいことですが、ぜひチャレンジしてみてください。


posted by 村石 at 22:19| 企画開発スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

リブロは不動産スマートフォンサイトに対応済み!

muraishi.jpg
スラッシュの村石です。
いよいよ春到来!桜も咲きはじめましたね。外出時にちらほら見かけて、ほっこりする今日この頃です。

さて、以前記事にしましたが、Googleがスマホユーザ向けに検索結果を調整しようとしています。スマートフォン対応のホームページかどうかが検索結果のランキング要因として使用されます。
今回の動きは不動産業界に限らず、様々な業界で影響が出ていますね ^^;

■スマートフォン保有率は年々上昇している
<<スマートフォン保有率 年代別>>
  15-19歳 87.3%
  20-29歳 82.0%
  30-39歳 64.0%
  40-49歳 50.1%
  50-59歳 39.7%
  60歳以上 20.3%
 ※スマートフォン保有率は約55%
 ※スマートフォンユーザの5人に1人が「ほぼ毎日」利用

株式会社博報堂DYホールディングス
全国スマートフォンユーザー1000人定期調査

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/15354

スマホ普及率の高さがうかがえますね。日本人の2人に1人がスマートフォンを持っている計算になります。これだけスマホのユーザ数が増えればGoogleが動くのもわかります。

■スマホ対応サイトをもつ
今回のスマホユーザ向けSEOは“モバイルSEO”と呼ばれています。
ポイントはスマホを使っている人向けのサイト構成を準備できているかです。

スマホでホームページを閲覧した際に、
見やすいサイトと見にくいサイト・・ありますよね。

例えば、文字が細かくて読みにくかったり・・
押したいボタンが押しにくかったり・・
そんな経験はありませんか?

スマートフォンで閲覧した際に遷移しやすいページか。情報を得やすいかどうか。これが重要になってきます。


■スマホ対応サイトか確認するには
下記URL先のサイトに、確認したいサイトのURLを入力して分析ボタンを押すだけです。

※モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

下記が表示されれば、あなたのサイトはスマホ対応サイトです。

WS000000.JPG

モバイルSEOの開始予定日は4月21日。実装し終えるまで1週間程度かかる見込みですが、開始日まで時間がありません。貴社サイトがモバイルフレンドリーでは無い場合、早急に対応しましょう。

■モバイルSEOで大切なこと
Googleはこれまで検索の最適化を図ってきました。
悪質な被リンクや内容の薄いサイトを排除しようとしています。

全てはGoogleを利用して情報収集をする人のために。
Googleをスマホで利用する人向けにはスマホ対応サイトを提供したい、と考えているのが自然ですよね。
だからスマホ対応サイトを優遇する、、、可能性があります。

スマホで検索した時に、貴社サイトの順位が急激に下落するかもしれません。

ちなみに、リブロのスマホ版はモバイルフレンドリーです
今回の件の影響だと思いますが、賃貸のお客様を中心にスマホについてのお問い合わせが急増しております。

リブロスマホ版は、お申込いただいて最短1営業日で納品が可能です。PC版で積み上げてきた成果を無駄にしてしまってはもったいないですよ。まだスマホ版をご利用ではない方は貴社営業担当までお気軽にご連絡ください。

【東京本社】TEL:03-5575-6789
【関西支社】TEL:06-7166-9955
posted by 村石 at 22:20| 企画開発スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

不動産会社の「反響を増やしたい!」を応援するリブロ・マイスター、始まりました

muraishi.jpgこんにちは、村石です。

12月に突入し、いよいよ今年も残すところあと1か月。
みなさん、やり残したことはありませんか?

12月といえば・・ そう、忘年会です。
予約をし忘れている、、なんてことはありませんか?
“忘年会難民”になる前に予約を済ませてしまいましょう。

忘年会も“店選び”が大変なんですよね。
これを外すと1年間が気マズく終わってしまいますから・・。
“店選び”は絶対に外せません。どうしても慎重になります。

そんなわけで、どの店にしようか様々な広告やホームページで見比べるわけですが「○○認定店」と書かれている店って、何かと気になりますよね。

こういう見せ方なんだろう・・とわかっていても、なぜか気になります。少なくとも何かの団体から認定されているので、外れはない・・のだろうと。人間の心理というのは単純ですね。
(私だけかもしれませんが^^;)

その認定店制度ですが、実はリブロでも始めています。
今年が2回目の開催。名付けて「リブロ・マイスター」です。
(そのまま^^;)

1231.jpg




■リブロ・マイスターとは?
リブロを活用して、物件を探している人に向けて自社の優れたコンテンツや充実した物件情報など優良な情報を提供している不動産会社様を「リブロ・マイスター」として認定させていただきます。

■リブロ・マイスターになるには?
8つの審査基準をクリアする必要があります。
詳細はリブロ管理画面でのお知らせをご確認ください。

審査基準の中には、物件ページ以外にも店舗やスタッフ情報の充実などが含まれています。物件情報だけ充実させていても認定されません。

物件を探す人の役に立つかを最優先の基準にしていますので画像のクオリティ、リブロ機能のやり込みを充実させていないと認定されません。やや厳しめに難易度を高く設定させていただいてます。

難易度が高いからこそ、リブロ・マイスターに認定されれば貴社リブロの集客力アップ、延いては反響数アップに繋がります。

■リブロ・マイスターになると?
認定された会社様には、下記3つの特典をご用意しております。

 1.2014年度版リブロ・マイスター ステッカー
認定店様には、優良店であることを証明する2014年度版リブロ・マイスターステッカーを貴社リブロ内に設置させていただきます。エンドユーザに優良店であることをアピールできます。

 2.弊社リブロ商品ページでご案内
リブロ商品ページにて貴社名、貴社リブロをご紹介させていただきます。Web上で貴社リブロの露出が増え、被リンク数も増えるのでアクセス数増加やSEO面での効果が期待できます。

 3.その他特典
上位入賞には特典をご用意しております。
お楽しみに!

■さっそくエントリーしたい!
エントリーはこちらのフォームからご登録ください。確認後、弊社サポート課から当企画の流れなどのご説明を差し上げます。
リブロマイスター エントリーフォーム

エントリー期間は11月18日(火)〜2月27日(月)です。
結果発表は、3月26日(木)にリブロ管理画面にて発表させていただきます。奮ってご参加ください。

posted by 村石 at 21:44| 企画開発スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

SEOの複雑さをサッカーで例えてみたら更に複雑になってしまった

muraishi.jpgこんばんは、村石です。

週末は台風直撃の話題で持ちきりでしたね・・。
今朝は出勤にも大きな影響がなくてよかったです。
午前半休の方が多かったのか、心なしか電車も空いていました。
いつもこのくらいの乗車率で良いのですが

さて、弊社では週に1回、リブロスタートアップセミナーを開催しています。
そこでご参加いただいた方から必ず聞かれることがあります。

それがこれ。

「どうすれば検索結果で上位表示されますか?」


残念ながらSEOは「○○をすれば上位表示されますよ」と断言できるほど簡単ではありません。

SEOは短期的な成果を目標に、楽に順位を上げるテクニックではありません。
長期的な戦略を立て、継続的に施策を行う必要があります。

■SEOは総合的に評価される
リブロスタートアップセミナーでもこの話を説明する時に、よくサッカーに例えて話をしています。

サッカー選手はゴールに向かってシュート練習だけしていても、プロのレベルで活躍できるわけではありませんよね。
監督が求める戦術理解も必要ですし、練習後に十分なストレッチもしています。
ピッチ以外では食事管理に気を配ることもあるでしょう。
90分間戦うために基礎体力の強化も必要ですね。

話を戻しますが、上記をSEOにあてはめると・・

※シュート練習
ターゲットの検索クエリ(検索したキーワード)との関連性を高める行為。

※ストレッチ
アクセス解析機能を活用してサイト分析をする行為。

※戦術理解の向上
物件情報や周辺情報を物件を探す人と検索エンジン双方にアピールする行為。

※食事管理の徹底
低質ではないサイトを日々更新する行為。

※基礎体力の強化
専門性や評判を構築するなど、サイトの基礎体力をつける行為。

などなど、パッと挙げただけでもこれだけあります。
もちろん、SEOですべきことはこれだけではありません・・。

しかし、現在の多くの会社で行われているSEOは
安易にシュート練習ばかりする傾向にあると感じています。

とにかく検索キーワードばかりを意識してしまい、不自然なキーワードを詰め込んでしまったり・・。
結果、成果が出ないので手間がかからない被リンク(外部リンク供給)を試みるわけですが、結局シュート以外のスキルがないから上手くいかない。短期的な成果しかないというわけです。

■Google監督は現実主義
繰り返しになりますが、SEOは「○○をすれば成功する!」というものではありません。
また、開始から1ヶ月間で上位表示されるほど甘いものでもありません。

食事管理の中でシュート練習、戦術理解、基礎体力の強化を図り、練習後のストレッチも忘れない。
細かい作業を地道にコツコツと継続してきたサイトが検索結果で上位表示されています。

その中で、Googleという代表監督がメンバーを選抜するわけですが、シュート練習しかしない新人選手をサプライズ選出をするほど、Google監督は勝負好きではありません。

試合に出して安定的に高パフォーマンスを出せる実績のある選手はもちろん選出されますが、
Google監督が求める水準のプレイができれば、代表に選出されることも十分あり得ます。

また、これまでの実績は十分にあるキングの様なサイトでも
選抜されるレベルでは無いと判断された場合は容赦なく切り捨ててきます。
(1998年フランスワールドカップでカズを選出しなかった岡田武史氏のように・・)

■個性を活かす
選手にはそれぞれ個性があります。

守備はうまくないけど、攻撃時にはサイドをぶち抜く脚力のある選手。
シュートやパスのスキルは平均以下だけど、ボール奪取にだけ長けている選手。など。

もちろん、サイト(各会社)にも個性はあります。
その個性を最大限に活かしていきましょう。

弊社では、貴社のプレイスタイルや長所短所をヒアリングさせていただき、
「この練習メニューはどうだ」「いや、こっちの方が」と一緒に考えさせていただきます。

上位表示されないとお悩みでしたら、ぜひご相談ください。
弊社担当営業とサポート課の2人体制で、Google監督にアピールするための練習メニューをご提案させていただきます。





posted by 村石 at 20:44| 企画開発スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。