blogkijitop.gif

2014年08月25日

3秒間で心をつかめ! ファーストビュー構成のポイント!

muraishi.jpg
繁忙期に備えて、ページ作成まわりでのご質問が増えました。

最近多いのは、反響を得るためにリブロでできる“ひと工夫”についてのお問い合わせです。


“ひと工夫”と言ってもリブロ初心者から玄人向けまで様々な工夫があります。
今回は、誰にでもできる「ファーストビュー」でのひと工夫をご紹介していきます。

■ファーストビューとは?
ファーストビューとは、
ページのアクセス時にパッと目に入ってくる範囲のことです。

当ブログでも何度もご紹介していますが、
ホームページで情報収集をする訪問者はとてもせっかちです。

アクセスしたときにパッと目に入ってくる範囲だけを見て、
自分が探している情報がありそうかを判断しています。

特に、Googleなどの検索エンジンで情報収集をしている場合、
検索結果の上位から順番にクリックしていき、ファーストビューを見比べています。

その滞在時間は、たった数秒。
中には1秒程度で離脱する訪問者もいます。(私のことです・・)

その数秒間で、

・このページには自分が知りたい情報がなさそう (。-`ω´-)ンー
・何について書いてあるページかよくわからない (´-ω-`)う〜む

と判断されれば、さっさと別のサイトに移動してしまいます。

■ファーストビューに何を表示させるか?
ファーストビューは、訪問者が必ず目にする場所です。
まさにホームページ上の一等地・・と呼んでもおかしくはありません。

なので、何を表示させるかというのが重要になってきます。
訪問者の最も目立つ場所に何を表示させるかをしっかりと考えましょう。

例えば
・サイト名
・会社名
・キャッチフレーズ
などを、きちんと載せるようにしましょう。

大切なのは、何について書いてあるサイトなのかを瞬時に知らせることです。
それ次第で反響に繋げるために滞在させることができるかどうかが分かれます。

ただし、ファーストビューに情報を詰め込み過ぎるのは逆効果です。

詰め込みすぎると、何のページなのか判断できなくなってしまいます。
バランスをとりながら工夫してみてくださいね。




posted by 村石 at 21:00| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。