blogkijitop.gif

2014年05月29日

不動産業界におけるHP運営、ここがミソ!

大島.jpg
スラッシュ(株)の大島です。

もうそろそろ梅雨ですね〜

雨の多い季節は、お部屋を探されているお客様も外に出なくなり、
営業をやっている私も外に出たくなかったりと(笑)、部屋の中に
いる事が多くなってくる季節です。


お客様がネットに関心が行きやすい時こそ表に出す物件や見た目には
気をつかいましょう!


…というところでさて、本題に入ります。

多くの不動産会社の社長様とお会いさせて頂いた時に
よく言われる一言。

「今使っているあるHPが(反響が)鳴らないから、そのサイトを閉鎖します。」


これですね。


鳴らないからHPをやめて、違うものを。

確かにそれも一つですが…


しっかりとサイト運営の見直しはやりましたか?


ここで、「不動産業界におけるHP運営、ここがミソ!」です。

HP運営とは
『ターゲットを定め、そのニーズを汲み取り、充実した情報を公開していく事』


これが集客に繋がる”核”だと思います。

・エリアをしぼったり
・物件などの情報をより多く、かつよりよい情報を打ち出したり
・頻度高い更新をしたり

…と、このブログでも既に既出しているところに関しては触れません。


今回は、

「ターゲットのニーズを汲み取れているのか」

に着目します。


下記に事例を2つご紹介します。



@「赤坂を中心とした賃貸検索サイト」
・コンテンツ内容
一人暮らし向け特集
ファミリー向け特集
おすすめ物件特集
デザイナーズ物件特集
間取から検索
価格から検索

・物件
港区全域の物件を全て掲載

など


A「赤坂駅限定の賃貸検索サイト」
・コンテンツ内容
シリーズマンション特集
大型駐車場付き賃貸特集
SOHO可物件特集
赤坂見附駅寄りの物件特集
溜池山王駅寄りの物件特集
家賃抑えて赤坂に住める物件特集

など

・物件
赤坂駅から徒歩15分圏内の物件全て


以上、例を2つほど挙げてみました。

赤坂に住みたい人(ターゲット)が求めやすい要望(ニーズ)に対して
しっかりと情報を打ち出しているのは例Aですよね。

※「赤坂に住みたい人」の私の偏見が入っています。


このように情報を打ち出すことで非常に有益なHPに
なります。



さらに!


そこで、満足してはいけません。

しっかりとその後の分析を行いましょう!



・どのようなユーザーが多いのか
(性別、年齢、どの地域から見られているかなど)

・どのような検索でこのHPにアクセスしているのか
(検索しているキーワードや物件の名前など)

・既にあるコンテンツで、どれがクリックされやすく、どれが
全然クリックされていないか

・アクセス数、ユーザー数、直帰率、ページビュー数は?

など



ここまで分析を行い、改善策を行っていますか?

この前に、反響がないからとHPを止めてしまうのは
あまりにも勿体無いです!


近年ではGoogle analyticsなど非常に高性能な分析ツールまであります。


サイト閉鎖を考えている方、HPに満足されていない方、など
一度検討されてはいかがでしょうか。



最後にもう一度

HP運営とは

『ターゲットを定め、そのニーズを汲み取り、充実した情報を公開していく事』


長くなりましたが、この言葉を心の片隅に置いておいてください。


また、何かご相談出来る事あれば弊社までお気軽に御連絡下さい。

 【東京本社】TEL:03-5575-6789
 【関西支社】TEL:06-7668-8342


posted by リブロ事務局 at 02:25| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。