blogkijitop.gif

2015年07月09日

実際のSEOは・・・『トレンドよりも基本原理』

甲斐.jpgお世話になっております、
スラッシュ株式会社、営業の甲斐です。

日々、不動産会社様のホームページを制作・運営させていただく上で、今後の施策を提案する際に必ずといって良いほど、SEO対策との関連性を尋ねられます。

ホームページ業者の営業マンとして、毎日新しいトレンドに対しアンテナを張り続け、何かご提案できるものはないかと、悩ませていた時にお客様から頂いた言葉に、気付かされた部分がありましたので、今回はその考え方をご紹介させて頂ければと思います。

そもそも、SEO対策とは何なのか・・・?

という疑問ですが、人々がこのネット社会になってからというもの、消費活動の入り口はインターネットになっています。つまり必ずといって良いほど、『検索』をしているという事です。
それに応えるべく不動産業界問わず全ての会社・サービスがWEB上での情報発信を行っています。
消費者の情報収集のためのツールとして存在する検索エンジン(GOOGLE・YAHOO)にとっては、より良い情報提供を行っているサイトを上位に表示させたいはずです。

つまり、絶対に変わらない定義として存在するのは検索された言葉に対しての、答えになっているか否か!
という事です。

先日、あるお客様に言われた一言とは『結局良い情報を提供しなければ、見てもらえても意味ないよね・・・』という言葉でした。これは当たり前のように感じますが、SEO対策の答えのように感じました。
様々なトレンドに従ってWEB集客の施策を講じているサイトや会社様がいらっしゃいますが、そこでお客様が来たとしても内容が薄ければ離脱してしまいますし、そもそもの良質な情報提供と言った基本原理に基づいていないことにもなります。

タイトルにも書かせて頂いた、トレンドよりも基本原理という言葉もトレンドを追いかけることが駄目だという訳ではなく、基本原理を大切にしようという事です。
リブロは中小の不動産会社様にとって、お客様との新しい窓口になる役割を担って生きたいと思っています。
そのためにもHP上でお客様が求めている情報を検索キーワードを逆算することにより、的確に提供できれば検索エンジンからも好評価も受けセッション数は増えるでしょうし、その後のコンバージョン率も高まるはずです。今後SEOやWEB集客のトレンドは様々変わっていくと思いますが、変わらないものもあると思いますので、その点を今一度重要視してサイト更新を行って見てはいかがでしょうか?
下記に今後も変わらず使えるSEOの基本を記載させて頂きますので、参考までにご覧下さい。

■ずっと変わらないSEOの基本原理6か条

1 検索エンジンが何のために存在し、どのようにサイトを認識しているのか

2 検索をしているエンドユーザーの気持ちと行動背景を考える

3 検索してくるであろう検索キーワードを逆算して考える

4 検索キーワードを見つけたら、サイト上に表示させる

5 自分の会社やサイトにしか無い、オリジナルのコンテンツを作る

6 相互に利益のあるサイトとのリンクを共有する



やりたい施策などを思いついた方は、是非弊社営業担当までお問い合わせ下さい!
ご相談の上、よりよいサイト運営にご協力させて頂きます。

長文・駄文失礼いたしました。
ご不明な点がございましたら是非お問い合わせ下さい。




posted by 甲斐 at 21:43| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

リブロとアメブロ(外部無料ブログ)の違いとは

muraishi.jpg
こんばんは、スラッシュの村石です。
最近、新国立競技場の動向について連日報道されていますね。このニュースを通してディレクションの大切さを改めて実感しました。

果たして東京はオリンピックを無事に開催することができるのでしょうか。また、オリンピック後の国立競技場の収容人数、形態がどうなっていくのか注目していきたいです。
(できればサッカー専用競技場になってほしい ^^;)

さて、ここからは限られた予算・時間の中でリブロを効果的に運用していくためのポイントを紹介していきます。

■リブロのブログ機能とアメブロの違いって何?
リブロを新規開設した不動産会社様からの質問で、圧倒的に多いものが「リブロのブログ機能(お知らせ・日記)と外部ブログの違い」についてです。外部ブログは無料のサービスが多くあり、有名なサービスだとアメーバブログ(アメブロ)やライブドアブログなど様々。アカウントだけ取得しているケースも少なくありません。

では活用方法のご紹介の前に、まずはリブロと外部ブログを運用する上でのメリットは何でしょうか。また、デメリットについても改めて考えていきましょう。

 [リブロで更新するメリット]
 コンテンツの量が増える。
 関連性の高いキーワードが多いホームページになる。
 更新頻度が高くなり検索ロボットの巡回率が高くなる。
 タイトルやディスクリプションなどSEOの設定がしやすい。
 広告が表示されない。

 [リブロで更新するデメリット]
関連性の低い話題や低質な内容の記事を更新した場合、検索順位に悪影響を与える場合がある。

リブロのブログ機能(お知らせ・日記)を日々更新を継続していけば記事の量は必然的に増えていきます。結果、検索結果にとって良い効果がもたらされます。ただし、デメリットにあるように狙っているキーワードとかけ離れた関連性の低い記事やコピー&ペーストでつくった質の低い記事を更新し続けた場合は逆効果となるので注意が必要です。

 [外部ブログで更新するメリット]
 無料で手軽にブログが開設できる。
 リブロ運用では獲得できない層との接点。

 [外部ブログで更新するデメリット]
 リブロの検索結果に反映されにくい。
 意図しない広告が表示される。
 有名人のブログが表示される。

外部ブログは貴社リブロとは独立した存在であるため、継続的に更新をしていても貴社リブロの検索順位に影響を与えることはありません。また、無料ブログサービスは広告収入で運営されているため、ブログを入口としてブログ内に表示される有名人のブログや広告へ訪問者を誘導する設計になっていることも理解しておきましょう。

■互いの強み弱みを知った上で活用する
リブロと外部ブログの違いはわかりました。では、この両者を両立させるのは不可能なのでしょうか。

答えは「両立できる」です。

※これから外部ブログの利用を考えているという方
web集客をする上で最悪なパターンは、あれもこれもと様々なサービスに手を出して結局どれも中途半端になってしまうことです。もし人手が足りないのであれば、まずはリブロを中心に質の高いコンテンツを作ることに専念して、日々更新をすることをおすすめします。低質コンテンツを10記事更新するより、高質コンテンツを1枚更新した方がはるかに効果的です。

※既に外部ブログを利用している方
リブロの更新のみでは獲得できないユーザ層を自社に誘導し、集客にどのように結びつけるかを考えることが大切です。リブロと同じ内容を掲載しても効果は薄いので、思い切ってテーマをわけてみるなどしてみましょう。例えばリブロは物件紹介にだけ特化させて、外部ブログは店舗の日常を発信する場に特化するなど。違いをつけることで、それぞれのサービスに価値がでてくるようになります。

インターネット上にホームページは星の数ほど存在します。物件を探している人に選んでもらうためには効果的に運用していく必要があります。予算・時間に限りが無ければ言うことはないのですが、残念ながら有限であるため不要なものは割り切っていきましょう。

TwitterやFacebookなどのSNSも同じですが、ただ更新すれば成果が出るものではありません。大切なことは各サービスの長所と短所を理解し、自社にとって効率的な手法は何かを見極めることです。

もし余裕があれば、サイトへの訪問者の心理をつかむ施策としてぜひ取り入れてみてください。活用方法などの詳細は弊社営業担当までお気軽にお問い合わせください。着々と迫ってきている繁忙期に向けて今から準備をしておきましょう。

【東京本社】TEL:03-5575-6789
【関西支社】TEL:06-7166-9955
posted by 村石 at 19:52| リブロ導入企業様の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

不動産ホームページの反応率を上げる5つのコンテンツ

cl_tanto_29.jpg

こんにちは!
スラッシュ株式会社の高橋です!



今回は不動産ホームページの「反応率」を今よりも改善したい!

そんな方のために不動産ホームページに必要なコンテンツをご紹介したいと思います。

ホームページの反応率を上げるために一番必要な要素は《信頼性》

それを得るために必要なコンテンツ5つをご紹介したいと思います。

繁忙期に向けての準備として今一度ホームページをチェックして
いただければと思います。

------------------------------------------------------
1:代表あいさつ
------------------------------------------------------

「代表あいさつ」または「店長あいさつ」は
=「会社への信頼感」に繋がる重要なコンテンツです。

「どんな経験をしてきたのか」
「どんな想いで不動産業界に携わっているのか」
「夢」など

人柄がわかるようなエピソードがることで「信頼感」「親近感」をユーザーに伝えましょう!
もちろん代表の方の顔写真の掲載も忘れずに!

------------------------------------------------------
2:スタッフ紹介
------------------------------------------------------

「代表あいさつ」と同じように、実際に店舗で接客するスタッフさんの人柄がわかるような
スタッフさんの紹介ページを用意しましょう!

「好きな食べ物」
「趣味」
「ニックネーム」
「出身地」など基本的なプロフィールに加えて

「得意分野」「経験」なども合わせて紹介することで

売買物件を取り扱っている場合に重要になるスタッフの
「信頼感」をより効果的に伝えることが出来ます。

もちろんスタッフの方の写真も掲載することが望ましいです。

------------------------------------------------------
3:アクセスマップ
------------------------------------------------------

最寄り駅から会社、店舗までの道のりを示すアクセスマップですが
ここでご紹介するアクセスマップはグーグルマップの地図情報を埋め込むだけではなく

周辺施設の写真説明文を使ったアクセスマップが望ましいです。

例)------------------------------------------------------
【1】(○○駅東口写真)
○○駅の東口改札から左側、○○ストアーに向かって200メートル進んでください。

【2】(交差点写真)
○○交差点を右に曲がってください。

【3】(店舗の外観写真)
100メートルほど進むとコンビニが見えてくるので
隣の△△ビルの7階までエレベーターをお使いください!
----------------------------------------------------------

以上のように写真と文章で親切で分かりやすいアクセスマップを用意してお客様に安心感を伝えましょう!

------------------------------------------------------
4:お客様の声
------------------------------------------------------

不動産業界に限らずお客様の「レビュー」はインターネットサービスのキラーコンテンツです。

実際にサービスの受けた方の評価(レビュー)は購買心理に強く影響します。

オンラインショップでの家電購入
旅の宿泊先選び
などレビューを見て決める方は多いと思います。

では不動産業ではどうでしょうか。

ホームページ上で実際に実施したアンケート
スタッフと笑顔で撮ったお客様の写真を公開している不動産会社様もいらっしゃると思います。

不動産会社を比較検討する上でそういった「お客様からの評価」が購入決定を後押しする可能性は低くありません。

是非、成約したお客様とのお写真やアンケートなどをホームページに掲載してみてください。
直筆で記入いただいたアンケートであれば効果はさらに上がります!

ただし、注意点が2つ
トラブルに繋がる可能性が高いので下記ルールは絶対に守りましょう!

[1]お客様に掲載許可を取る
[2]お客様の声の捏造は絶対にNG

競合他社と差別化するためのコンテンツとして
ぜひ、アンケートの実施を行ってみてください!

------------------------------------------------------
5:物件の「メリット・デメリット」
------------------------------------------------------

1つの物件に対して多くの不動産会社様が物件情報を紹介しているのでインターネット上では同じ情報であふれています。

・家賃
・築年数
・最寄り駅など


そこで他社と差別化するため物件のメリットとデメリットを記載しましょう!

お部屋のオススメポイント(メリット)はみなさん紹介していますが
『デメリット』を紹介している会社様はあまり多くないと思います。

あえてデメリットを公開する理由は2つ

■入居後にわかるようなデメリットを事前に伝え、ユーザーに「信頼感」与える

■情報の差別化・オリジナリティのある文章でSEO対策を行う

また、デメリットに関しては「その物件のことをよく知っている」というアピールにもなりえるので
地域に密着している会社様ならではの差別化となるのではないでしょうか。


------------------------------------------------------


以上、不動産ホームページの反応率を上げるための5つのコンテンツをご紹介させていただきました。

是非、ご紹介したチェックリストを活用して繁忙期のための準備を進めていただければと思います。

スラッシュ株式会社では「スマートフォン」に対応した
【不動産専門ホームページ作成サービス】
ご提供しております。

スマートフォン対応サイト

※是非お持ちのスマートフォンで御覧ください!

不動産ホームページのご相談はお気軽に当社までお問い合わせください。

【東京本社】TEL:03-5575-6789
【関西支社】TEL:06-7166-9955
posted by 高橋 at 20:12| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ウェブマスターツール(Google Search Console)でできること

ブログ用画像.gifこんにちは!サポート課の箱田です。

ホームページで集客を行う場合に欠かせないのが、Googleなどの検索サイトで上位表示を目指すSEOです。

ある調査では検索結果の1位のクリック率は約20%の一方で、10位のクリック率は約3%とのデータも出ています。

検索結果の1ページ目に表示されるサイト内でも大きな差があることから、SEOがサイトへのアクセス数にいかに大きな影響を与えているかが分かります。

GoogleやYahooの検索結果の順位をGoogleが決めている以上、Googleがサイトをどう認識しているかは気になるところです。

そんなホームページ運営者が活用するツールがウェブマスターツール(Google Search Console)です。

ウェブマスターツールを利用することで、「Googleがサイトをどう認識しているか」を知ることができます。

弊社でもリブロや運営するサイトの現状分析などに活用しています。

WS000000.JPG


ウェブマスターツールでは下記の内容を確認することができます。

●検索クエリ
どんなキーワードで検索したときにサイトが表示されているか

●インデックスステータス
Googleのインデックス数(Googleが認識したページ数)の推移

●ペナルティやエラーが発生していないか
Googleの検索順位を下げたり、検索結果に表示されなくなる要因がないか

●サイトへのリンク
どんなサイト・ページからリンクされているか、どんなアンカーテキスト(リンクされている部分の文字)が利用されているか

また、Googleに対して下記の情報を発信することができます。

●サイトマップの送信
サイトマップはサイトの構造をまとめたもので送信することで、
Googleにサイトの構造を認識してもらうことができます。

●インデックスの申請
Googleが認識していないページを認識してもらうための申請

●URLの削除
Googleの検索結果からのページの削除

ぜひ、ホームページ運営などにご活用ください。

今回ご紹介したことや不動産ホームページの集客術など、
ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。


【東京本社】TEL:03-5575-6789
【関西支社】TEL:06-7166-9955
posted by 箱田 at 19:58| WEB集客ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

メンバインタビュー(リブロ・営業担当:渡部)

CIMG1740.JPG
こんにちは!スラッシュ管理部の菊池小百合です。スラッシュ社員インタビューシリーズ第9回目の今回は、入社4年目(2012年入社)営業部主任の渡部さんにインタビューをさせていただきました。渡部さんの関西支社での活躍、東京にいる仲間・お客様への想いをうかがいました!


―――現在、関西支社で活躍中の渡部さん。入社当時、自分が関西へ行くって想像してましたか?

全く想像していませんでした(笑)
ただ、自分で予期していないようなチャンスを与えてくれるこの環境には、非常に感謝している。
入社3年目になり、自分のなかで何かを変えたい、新しいことに挑戦したいと思っていたときに、会社から関西支社への移動を提案された。
この機会をプラスにとらえ、関西支社で営業することを決意した。

―――東京で3年間営業経験を積んだ後、関西支社へ移った渡部さん。東京と関西で、何か違いってありますか?


関西のお客様は、東京のお客様と比べて、横のつながりが多いように感じる。仲良しの不動産会社様がリブロを使っていて、評判がよさそうだったので始めた、といってくれるお客様も少なくない。このように、リブロにいいイメージを持っていただいているお客様からの紹介で、リブロを始められるお客様が多いことを非常に嬉しく思っている。

関西支社に赴任して約5ヶ月、こちらの環境に慣れてきたとはいえ、自分が東京で担当していたお客様のことも忘れない。東京へ出張した時に、担当していたお客様を訪問することが、東京出張の楽しみの一つになっている。時間が限られているため、全てのお客様を訪問できないことが残念だ。


CIMG1737.JPG

―――東京での思い出といったら何が思いつきますか?

同期同士でしのぎを削っていたことかな(笑)
僕が入社した時は同期が7人いて、誰が一番電話のアポイントを取れるか、誰が受注案件が一番多いか、常に競争してきた。
特に入社一年目の時は、同期と毎朝8時に出社し、営業トークを磨くための練習をした。
肉体的にも精神的にもつらい時だったが、同じ仕事をしている同期も当然同じ悩みや不安を抱えていて、みんなで悩み、みんなで飲みに行き、みんなで成長していくことが楽しかった。
今は距離さえ離れているものの、同じ目標に向かって走っていることは当時と何も変わらないので、これからも同期や先輩上司、後輩の力を借りて、関西支社を盛り立てていきたい。


―――渡部さんは書類を細かく丁寧に作成していて、書類を処理する側としてとても助かっています。何か仕事でこだわっていることがありそうですね?


マメさに関しては、どんな仕事においても心がけている。
特に最近は、お客様からの電話・メールでのお問い合わせに対するレスポンスの速さを心がけている。
また、分からない人の立場に立った説明が出来るのは、自分の強みの一つだと思っている。
僕は物事に対する理解が速いほうではないが、もともと出来なかった分、自分で完全に理解したことに関しては、一から十まで話せる自信がある。
分からない人の気持ちが理解できるから、どう説明すれば理解してもらえるのか想像できる。
いま挙げたような自分の持ち味をどんどん引き出し、今後も関西支社でがんばっていきたい。

CIMG1721.JPG

posted by 菊池 at 17:58| スタッフ紹介インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。