blogkijitop.gif

2015年01月06日

見た目が大事!不動産繁忙期におけるスマートフォンサイトの強化!

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

佐藤アイコン.gif
スラッシュ株式会社、営業部の佐藤です。
今回のブログでは繁忙期におけるスマートフォンサイトの強化というテーマで執筆させて頂きます。

当ブログでも何度もご紹介させて頂いていると思いますが、
現在、物件を探しているエンドユーザの半分以上がスマートフォンを使用して検索をしております!

つまり・・・・

不動産ホームページ運営において、スマートフォン対応は必須と言われる時代になってきております。

・まだ自社サイトがスマートフォン対応していない。。
・自社サイトをスマートフォン対応させる方法がない。。

上記のような会社様はお気軽にご連絡ください。

さて、今回のブログの本題でもあります、繁忙期におけるスマートフォンサイトの強化について
ご説明をさせて頂きます。

■アクセスの特徴

まず最初にスマートフォンサイトのアクセスの特徴をご説明させて頂きます。

特徴@
PCサイトよりスマートフォンサイトの方が滞在時間が長い
→PCサイトより長い時間、滞在してくれます。

特徴A
PCサイトよりスマートフォンサイトの方がページ/セッションが多い
※ページ/セッション=1人りあたり平均で閲覧しているページの数
→平均で8〜13ページほど閲覧しております。

特徴B
新規ユーザーが多い!
→同業者(他社不動産)が見ないから?皆さん競合調査・物件検索はPCでやっております。

以上のことから・・
エンドユーザーは、
PCサイトよりもスマートフォンサイトをしっかり見る傾向にあり!
ということがわかります。
しっかりと見るということはそれだけページビュー数も稼げます!

■スマートフォンサイトどこから強化する!?


一口に強化と言ってもどこからやれば良いか?

まずは下記、項目から意識すると良いと思います。


スマートフォンサイトの強化においての最重要事項は『見た目』と『探しやすさ(導線づくり)』です。


スマートフォンサイトへのアクセスの特徴も踏まえて、良いところを伸ばしていきましょうという作戦です。

弊社リブロでも上記最重要事項に踏まえた、スマートフォンサイトのパッケージプランもご用意しております。
3つのパッケージからお好きなデザインを選べるようになっております。

参考サイト
PC:http://reblo.net/pc-package-c/
スマートフォンサイト:http://s.reblo.net/pc-package-c/

ご興味がありましたら、
貴社営業担当までお気軽にご連絡ください。

【東京本社】TEL:03-5575-6789
【関西支社】TEL:06-7668-8342

ご拝読、ありがとうございました。


posted by 佐藤 at 22:28| リブロ導入企業様の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

【繁忙期にやりたい事】事業用賃貸専門ホームページ作成サービスのご紹介

渡部.jpgお世話になっております、
スラッシュ株式会社、営業の渡部(ワタナベ)です。
少し遅いですが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、私が今回ブログで取り上げさせていただくのは、繁忙期明けの施策について1つのご紹介です。

不動産会社様、特に居住用賃貸仲介・管理を事業の中心に置かれている会社様に関しては、
「この忙しい中、web関連に時間がさけないよ!」
と言われて当然ですが、

繁忙期にこそ閑散期の準備が必要であり、
閑散期に繁忙期の準備をするとイケてる会社
だなと
思うわけです。

では閑散期に必要な、かつ効果のある施策とは何なのか???
ひとつ私からご紹介したいのが、リブロ「事業用版」です!
居住用賃貸リブロに比べると、お客様数が圧倒的に少ないです。
だからこそ効果が見込めると考えています。

事業用リブロが効果的そうな理由

@ 事業用専門サイトが少ない
→自社サイトの中で、事業用賃貸を取り扱っている又は紹介はしている会社様は多く目にしますが、専門サイト
として運営をしている会社様は極端に少ないように思います。
(ただ居住用に比べるとユーザー数も少ないが・・・)

また、強いサイト(大手・中堅会社様)なども、自然検索で集客すると言うよりは、ネームバリューでの集客やリスティング広告への費用投資をされているイメージがあります。

A 「テーマやエリア(最近のブームで言うと有名な商店街名など)」+「貸事務所・テナント・貸店舗」での
上位表示が見込める

→都内全域の店舗・事務所を紹介する又は勝負するのは大変だし難しいですが、ピンポイントに地元や地元周辺のエリアで勝負する!ことがポイントだと思います。
例.「代々木上原 オフィス」 「代々木上原 SOHO」 「代々木上原 貸店舗」 「代々木上原 貸事務所」
株式会社ハビタット様:地元地域で上位表示している事例
(ちなみに上記サイトの道の真ん中に立っている人は私本人でございます)

B 情報量で差がつけやすい
→近年のユーザー様の反応として、1度2度ネットで調べてお問い合わせをするよりも、期間を掛けて、
何度も検索する方が増えてきたように思います。
(もちろんそれだけではないですが・・・)

そこでネット集客の基本、専門サイト(地域密着サイト)の出番になります。
ポータルサイトや大手のサイトからある程度の情報を仕入れ、
いざエリアと大まかな物件が決まりかけると
より詳しい情報を仕入れるために、地元の専門サイトに流れ着くという構図が描けます。
●「物件名」で検索しヒットさせる ●ニッチキーワードで検索した時ヒットさせる

ネットユーザー様は大きく探して絞ってくる!

上記の理由から事業用サイトは勝機を見出せます。
(細かく詳しく内容を聞きたい方は担当の営業マンにお問い合わせしてみてください)

【事業用リブロ】機能追加情報!

★気になった物件を候補リストに入れると
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
候補リストに入っている物件を地図上で比較できるようになりました!
候補リストキャプション.gif

詳しくは担当の営業マンにお問い合わせください。
【東京本社】TEL:03-5575-6789
【関西支社】TEL:06-7668-8342

ご拝読ありがとうございました。
posted by 渡部 at 22:29| リブロ導入企業様の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

繁忙期中のHPの更新が出来ない

と、そんな声をよく頂く今日この頃。


どうもこんばんは、スラッシュ鰍フ大島です。


ohshima3.jpg


今日はそんな不動産会社様ならびに、入力担当の方にお力添え出来ればと思います。



【必勝!リブロ活用方法】

もしかしたら以前の記事であがったかもしれませんが…


お伝えしたいものは「ブログパーツ」機能です。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【目的】
忙しい中でも、簡単にしっかりとHPを更新。

【所要時間】
1ページあたり20秒

【やり方】

1.リブロ「管理画面」の「部屋情報管理」を選択

2.該当の物件右端にある「パーツ」を選択

3.「リブロ物件HTMLパーツ(ブログパーツ)」内を全てコピー

       ↓

4.「日記・お知らせ」を選択

5.「記事を書く」より「タイトル」を入力して、「日記本文」に
先ほどのコピーしたものを貼付ける。


以上です。


簡単ですよね?


【注意点】
・タイトルの部分は工夫しましょう!

「おしゃれなお部屋作りを尼ケ辻駅のデザイナーズで!」


のように、少しくずしたようなキーワードとかで入力したり、

「大和西大寺駅 新築 ペット可 賃貸マンション」


のようにメインキーワードを使用したり…


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


繁忙期で忙しく、あまり入力出来ないかたもこれならば、
毎日更新、SEO効果があがるかも!?

下記の会社様は、通常の日記も併せて使用されております。(一例)

横須賀新築戸建てナビ



◆要は、時間かけずにSEO効果を維持・向上させましょうということです。◆


詳細は担当マンまで
posted by リブロ事務局 at 03:10| リブロの機能紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

ベニスアップデートは地域密着型不動産に朗報!?

甲斐.jpgいつもお世話になっております。
スラッシュ株式会社の甲斐です。




日々、グーグルからのサイト評価を気にしてサイト運営を行っている方に朗報かもしれません!
私的にも、お客さんとお会いした際にお伝えしていた一つの考え方が間違っていなかったのではないかと思える情報が年末年始に舞い込んでまいりましたので、ご紹介致します。


検索する地域によって、Googleの検索順位が異なる!?

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


例えば、東京と大阪などでこれまで同じキーワードを検索すると、一つの強力なサイトが検索順位の上位を占めていました。それが、検索する地域によって差が出るようになりました。
ただし、これは地域に根差している傾向が強いものにのみ現れているようです。例えば、水族館や動物園といった各エリアに決まった所在地があるようなキーワードに関しては順位に変動が見られ、逆にコーヒーメーカーのようなモノなどは、順位に変化が見られませんでした。

この変化の原因は、グーグルによるニスアップデートという改善によるものらしいです。
検索順位が地域で異なる理由は、簡単に説明するとグーグルがユーザーに役立つ情報を提供するためユーザーに合わせているから!!

です!



検索エンジンとしても、地域性の強い不動産業界にとっても良い傾向ですね。
現在、リブロでも地域密着性の高いサービスをしている不動産会社にとって、この検索結果は恩恵を受けそうです。また、もしかしたらエリアだけでなくテーマに特化したサイト運営にも良い効果を及ぼすかもしれません。今後はより一層、地域別のページ構成やタイトル、見出しなどに地域名を入れるなど地域性を意識したサイト構築が必要になるでしょう。

そこで、初心者でも今から出来る4つのSEO改善施策をご紹介!

・titleタグや見出しタグの地名キーワード化
・地域にスポットを当てたコンテンツの強化
・NAPの統一
・地名入りアンカーテキストのリンク


titleタグや見出しタグの地名キーワード化


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

まず、一点目ですがタイトルタグや見出しタグに、地名を表すキーワードを入れましょう。
これは、あくまで文字として出してあげることが重要です。

注意なのが、なんでもそうですがやりすぎ注意です。
あくまで自然にキーワードを配置してください。
ユーザー側に立って考えればよい文章が書けるはずです。

「広島市の動物園」とか「浅草の賃貸マンション」とか。。。


地域にスポットを当てたコンテンツの強化


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

2点目は、不動産のHPであっても近隣情報をたくさん記載してあげることです。
学校や、スーパー、病院や役所などその町にしかない情報を盛り込んであげることは、SEO的にも良い施策ですが、単純にお部屋探しなどをしている方にとって、素晴らしい情報発信ですよね。
是非行ってみてください!


NAPの統一


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

かっこつけてNAPと書きましたが、名前NAME・所在地Address・電話番号Phoneの事です。
これは、私自身盲点というか必ずしも注意できていなかった部分ですが、表記の仕方ですね。
住所の書き方、社名の書き方が揃っていないことがあります。具体的な例としては、
1:「○○丁目○番地○号」
2:「○○-○-○」
のように統一できてないHPをたくさん見ます。人間であれば同じ意味だと解釈しますが、もしかしたら機会が見たときには、良い反応ではないかもしれません。
時間のある時に直してみてはいかがでしょうか。


地名入りアンカーテキストのリンク


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

そして最後に、リンクです!これも一概には言えないのでやりすぎ注意は変わりませんが、アンカーテキストなど文字にリンクを貼って飛ばす際、もしくは被リンクを受ける際に、テキスト内に地名を入れることも良さそうです。いきなりすべてのページは危険なので自然な形で少しずつ増やすことをお勧めします。



以上、今回はSEOに関係することを記述させて頂きました。
私もまだまだ勉強中ではありますが、また情報を手に入れた際には更新させて頂きたいと思います!

地域密着のサイト展開をされている会社様はより強化を!まだの方は担当営業までご一報を!
是非お待ちしております。

----------------------------------------------------
スラッシュ株式会社 Slash Co., Ltd.
http://www.s-lash.co.jp
■東京本社
〒107-0052 東京都港区赤坂2-15-16赤坂ふく源ビル7F
TEL 03-5575-6789 Fax 03-5575-6788 
■関西支社
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町4-4-17RE-012 603
TEL: 06-7166-9955 FAX:06-7166-9956
posted by 村石 at 22:55| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

「スマホ対応」ラベルの表示が開始されています

muraishi.jpg
こんにちは、村石です。

最近、気になることがあります。
業務の関係上、「あーでもない」「こーでもない」とスマートフォンの操作・閲覧をする機会があるわけですが、一見すると業務中にスマホで遊んでいる人に見えてしまっています。それが気になって仕方ありません。

なので(?)今回は最近のスマホ事情について簡単に触れます。
まずはこちらのGoogle検索結果をご覧ください。

Screenshot_2015-01-21-20-58-15.png

昨年から実装されていますが、スマホに対応しているサイトにはGoogleの検索結果上で「スマホ対応」の文字が表示されるようになりました。サービスの詳細はGoogle公式ページをご参照ください。

 ※検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために
 http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/11/helping-users-find-mobile-friendly-pages.html

■ラベルが表示されるとどうなるか
スマホ対応ページであることがわかります。
ただそれだけです。

■検索順位に影響するのか
現状では順位に影響は無いようです。
ただし今後はわかりません。

■リブロではどうなのか
リブロでは、賃貸版と売買版がスマートフォン対応しています。
(別途ご契約が必要)

実際にスマホでリブロを見た場合、スマートフォンに対応したリブロには「スマホ対応」のラベルは表示されていました。

■表示させる意味はあるのか
意味はあります。

スマホユーザが検索結果一覧を見た際に、スマホ対応か非対応かでクリック率は違ってくることは想像できると思います。
また、現状は影響ありませんが、将来的には検索順位にも関わってくる・・かもしれませんね。

以前から実施されているパンダやペンギンなどのアップデートは検索者の利便性を考えた変動です。
今回のモバイルフレンドリーもいずれ検索順位に反映されてもおかしくありません。

繁忙期突入の賃貸業界ですが、まだ導入されていない会社様はぜひご検討ください。
スマホユーザにはスマホ
リブロのスマホ版は御申込みの翌営業日に納品というスピードが売りです。お気軽に担当営業までご相談ください。

posted by 村石 at 23:16| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。