blogkijitop.gif

2014年10月02日

【不動産集客に繋がる看板への検討B 〜集客看板から学ぶHPの作成〜】

看板.jpg




大島.jpgどうもこんばんは10月ですね、大島です。
「めっちゃええ季節やなー(食欲の秋)」と感じている今日この頃です。




さて、もうこの記事も3記目となりますね。序破急でいうところの急です。

・前回まで
【不動産集客に繋がる看板への検討@ 〜人の動線と視認〜】
【不動産集客に繋がる看板への検討A 〜不動産店舗における集客看板〜】

■振り返りと書き出し
前回までの話のまとめとして、看板に求められているものは、

・「屋号」ではなく「何屋」かをわからせる
・来店意欲を湧き出させる仕掛け
・お客様の動線を意識した看板配置


だと考えております。

当たり前の話なんですけど、意識するのとしないのとでは
大分違うかなと、思います。

この点はHPの見た目(下記、WEBデザイン)でも通づるところだと思います。


■WEBデザインのコンセプトと表現

上記のポイントをHPに落とし込んでみましょう。

@「株式会社●●●のHP」という打ち出し方も重要ですが、「○○エリアに強い不動産会社のHP」や「一人暮らしの為のHP」のように何のサイトかを、業種だけではなく、属性などまで落とし込むことが大事です。

<広尾というエリアに特化したサイト by 株式会社ロイ・オーガナイゼーション様>
広尾



Aお客様の購買意欲(物件にお問い合せしたくなる)を促進する仕掛けをしていきましょう。例えば、キャンペーン情報や物件の写真やコメントなどを充実させたり。

<月ごとにキャンペーンを打ち出したサイト by 株式会社スマイルーム様>
水商売

<物件情報をしっかりと打ち出したサイト(物件は一例) by 株式会社みずや不動産様>
新宿の一人暮らし1LDK


■お客様の動線を意識したWEBデザインの配置

どんなに知ってもらいたい、見てもらいたい事が多く有っても、お客様は最初から最後まで見て頂ける訳ではありません。なのでその中で優先順位をはっきりとさせ、優先度高いものをお客様の視線の動きを踏まえ配置していきましょう。

下記、参考になるサイトを参照、引用します。


【WEBデザインで意識すべき視線の動き4点】

1:視線は上から下へ移動する

最も自然な動きは上から下への移動です。WEBサイトも書籍も、
文章が縦書きであっても、横書きでも、すべて上から下へと読み進めていきますよね♪
「グーテンベルク・ダイヤグラム」をご存知でしょうか?グーテンベルク・ダイヤグラムとは、
「同じ種類の情報が均等に配置されているときの視線の流れ」を図で表したものです。
この図のように人の視線は左上から右下方向へ移動していきます。

1.JPG

重要な要素はこのライン上に沿って配置するとユーザーの目に入りやすいといえます。
左上に読ませたいタイトルやテキストを配置し、視線の終点になる右下に押してほしいバナーや、問い合わせ先を記載しておくと効果がありそうですね!



その他にも視線の動きには「Z型」「F型」というパターンがあります!


2.JPG
「Z型」
視線の開始地点は左上、そこから右上→左下→右下に流れる動きです。
チラシや雑誌などの紙媒体(横書き)によく見られるパターンですね!






3.JPG
「F型」
これはWEBサイトを閲覧するときに多く見られる視線移動です。
こちらも、視線の開始地点は左上。そこから、メニューや見出しに視線が動きつつ、下に降りていくパターンです。





2:視線は大きいものから小さいものへ移動する
4.JPG

人はまず、大きいものに目がいきます。そして、小さいものへと移動していきます。










下の画像をご覧ください▼

5.JPG

上の図はタイトルも本文も同じ大きさ。下の図は本文のサイズは上と同じですが、タイトルを大きくしました。
いかがでしょうか?まずパッと目がいくのは下の図のタイトルですね!
自分のほしい情報がそこにあったとしても、目の引っかかりどころがなければ、ユーザーは読み飛ばしてしまう可能性があります。
サイト(デザイン)が何を発信しているのか、ユーザーに一目でわかるよう、要素にメリハリをつけましょう!


3:視線は近接するものへ移動する

6.JPG
人の視線は近くにあるものに移動していきます。
それは、一つの要素を見ている時、近くにある要素がすでに視野に入っているので、
僅かな目の移動で見ることができるからといわれています。






下の図はカフェのドリンクメニューです。
7.JPG
カフェのメニューとしてわかりやすいのはどちらでしょう?

左の図は商品、商品名、値段が等間隔にあるため、どの商品に対する情報かわかりづらいです。
右の図は、商品の情報をぐんと近づけているので、どの情報が何の商品のものなのかわかりやすいですね!

この近接するものに視線が動くことを利用し、
同時に読んでもらいたい要素や、関連性の強い要素は近づけて配置しましょう!


4:視線は同じ形、色を追いかける

8.JPG
人の視線は、同じ形や、同じ色を追う傾向があります。
デザインの中で「流れ」を作りたい時、ポイントとして何か特徴的な形を使用すると、
視線はこの形を追って読み進めていきます。
また、同じ形や色を繰り返し使うことは、全体に統一感や一貫性を作る効果もあります。





■まとめ
数年前までは、不動産会社の方が有するWEBの知識は、あまりなかったように聞いていますが、最近多くの不動産会社様のお話を聞いているとそれが嘘なんじゃないかと思えるくらいの知識を持たれているなーとしみじみ感じております。

今回挙げさせて頂いた話は、そこまで突っ込んで知っておくものではないです。HPも制作が終わればそこで終了ではなく自主的にサイト改善を行っていかなければいけません。

今回の事で、お客様獲得の為の一つの意識を改善できれば思う次第です。

最後に、長くなりましたが、見て頂き有難う御座います。

【モノ】×【ヒト】=最高のサービス

をご提供するために、弊社が携われていければと存じます。


いつでもお気軽に御連絡下さい。

ではでは。


posted by リブロ事務局 at 23:50| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

繁忙期に向けて出来る施策かも!?

甲斐.jpgいつもお世話になっております。
スラッシュ株式会社の甲斐です。



今年は残暑が厳しい日が続いておりましたが、やっと秋らしい涼しさになりましたね。季節の変わり目、身体が資本だと私自身実感しております。
皆さんも体調の管理には十分お気を付け下さい!

さて、そんな食欲の秋、スポーツの秋と言われる中、引っ越しの秋なんて言葉は無いかもしれませんが、私自身引っ越しをすることとなり、3年ぶりに「お部屋探し」をしました。

この業界に入ってから、不動産業界に関する様々な知識を身に着け、常にエンドユーザーの気持ちを考えながら、サイト運営のお手伝いをさせて頂いておりましたが、実際にお部屋探しをしてみて新しい発見があったので記載させていただきます。

『最後は結局”人対人”が決め手になる!』


WEB集客において、お客様(リブロユーザー様)とお打合せを行う際に、

・「アクセス数をもっと増やしましょう」
・「内部リンク数を増やしてクローラーが回りやすくしてあげましょう」
・「Googleを意識してリンク数を増やしましょう」


などの、会話をする事が良くあります。もちろん検索結果の順位は気にする部分ですし、まずは見てもらわなければ始まりません。

しかし、一度初めに立ち返って考えてみると沢山のアクセスを稼ぎたいのでは無く、お部屋探しをしているユーザーにとって有益な情報を提供する事によって、質の高いお問い合わせを一つでも多く獲得する事が目的のはずです。だからこそ、サイト運営の視点として、検索エンジン等の最適化(SEO対策)と、実際のお客様の視点にたった情報提供、この二つを常に意識していく事が大事だと思います。

私が今回、実際に物件をWEB上で検索して、絞り込んだお部屋に対して、お問い合わせをさせて頂いた会社様の決め手の一つは、従業員の方の写真でした。
いち消費者となった際に、顔の見えない、会社の雰囲気が不透明なサイトにはやはり不信感を持ってしまいますし、同じ物件をそれぞれのサイトで見つけた時には、スタッフ写真や、会社の雰囲気が分かり易い(想像しやすい)方が、お問い合わせがしやすいと体感いたしました。

リブロにももちろん、『スタッフ登録』という従業員紹介機能が付いています。
社風をお客様に伝え、問い合わせへのハードルを少しでも下げるために、使用してない方は登録してみては、いかがでしょうか?

下記に簡単ではありますが、登録の方法と実際にスタッフ登録をしっかり行えている会社様の事例をご紹介致します。




■管理画面からスタッフ登録
甲斐ブログ@.jpg














■必須項目と任意項目出来る限り入力
甲斐ブログB.jpg














■修正・内容変更は登録後に『修正』ボタンから
甲斐ブログA.jpg














■登録後の実際の画面
甲斐ブログC.jpg





















<株式会社make act 浜松町店様 スタッフ紹介ページ>
メイクスタッフ写真.JPG

本日は以上です!
最後までお読み頂きありがとうございました。

疑問点等ございましたら、弊社担当スタッフまでご連絡下さい!
posted by 甲斐 at 23:46| リブロの機能紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

IT用語×不動産:オムニチャネル、IoT(アイ・オー・ティ)

1407834324374.jpg


defaultBoy.jpgこんにちは、スラッシュの椿です。今回も不動産とITにまたがる当社のメンバーとしてITのトレンドから不動産業界にどのような影響がでるか示唆して行こうと思います。

2014もあと少しになりましたが、今年、IT関連で頻繁に使われるようになってきたキーワードに
「オムニチャネル」「IoT」という二つのワードがあります。オムニチャネルはもう少し前からかな…

オムニチャネル
参照サイト http://ec-cube.ec-orange.jp/about/omnichannel/
 オムニチャネルとは、店舗やイベント、ネットやモバイルなどのチャネルを問わず、あらゆる場所で顧客と接点をもとうとする考え方やその戦略のことをいいます。

 マルチチャネルはただチャネルを増やすだけの多角展開であることに対し、オムニチャネルは全てのチャネルを連携させて顧客にアプローチするという違いがあります。

 複数のチャネルを横断した一貫性のある購買体験を提供することで、商品管理や顧客管理などをシームレスに行い、顧客へさらなる利便性、満足度を提供することができます。また、売上アップや顧客のファン化にもつながります。

■チャネルの例
店舗、ネット(通販サイト、ファンサイト、コーポレートサイト etc.)、カタログ、モバイル、SNS、マスメディア、コールセンター、屋外広告など


これは、流通業で特に起こっている変化で、消費者側がリアル、デジタル問わずあらゆるチャネルを使って消費活動を行うようになり、このひとはリアルの店舗で買う人、この人は通販だけで買い物をするひと、というような境目がいよいよなくなり、実店舗で買うときもあればECサイトで購入することもあったり、店舗で発行しているクーポンなども実店舗とネット、双方どちらでも使えるような顧客管理をする必要が出てきたりと、今までのようなマルチチャネルではなく、どのチャネルからでも等しいサービスを提供できるようにする戦略ではないかと思います。

衣料品などと違って、お部屋の賃貸や売買などの不動産取引に関しては、なかなかネットだけで最終的な契約まで完結するということはありませんが、重要事項説明をネット上でのやり取りで可能にすることを政府が検討する動きがあるなど実店舗でのみ可能だった活動がネット領域でも可能になるという流れが出てきています。

IoT【 Internet of Things 】 モノのインターネット
またもうひとつのキーワードである「IoT」これはコンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことを意味し、【 Internet of Things 】 モノのインターネットと言ったりします。

1407834324374.jpg

http://u-note.me/note/47499051

上記の写真は、「Goji Smart Lock」というものらしく、スマホと連携して、家の外にいても鍵がかかっているか確認、施錠一元管理までできる施錠機器です。スマホをなくしたら面倒だなとか思いますが、こいう機器がすでに海の向こうでは実際に販売されていたりします。もう日本でも売っていたりするのかな・・・



別のサービスも


こういう映像を見ていると、小さいころの未来がどんどん近づいてきているなと感じずにはいらないわけですが、おそらく近いうちにこのサービスや技術も日本で導入されることでしょう。

不動産管理会社の鍵の管理方法も変わったり、内見なども営業時間を選ばずにセルフで行いやすくなる時代が来るかもしれませんね。是非、普及したらネット系ベンチャー企業の社員さんのお客を多く持つ不動産会社さんの管理物件などでまっさきに実用してみて、感想を聞かせて頂きたいものです^^

このように、リアルとデジタルの垣根がなくなりつつあり、色々なものがネットを通じて操作、管理できるような時代になってきました。

当社もこの波に飲まれないよう、今後も様々な情報にアンテネをはっていかねばと思っております。











posted by リブロ事務局 at 22:09| リブロ導入企業様の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

SEOの複雑さをサッカーで例えてみたら更に複雑になってしまった

muraishi.jpgこんばんは、村石です。

週末は台風直撃の話題で持ちきりでしたね・・。
今朝は出勤にも大きな影響がなくてよかったです。
午前半休の方が多かったのか、心なしか電車も空いていました。
いつもこのくらいの乗車率で良いのですが

さて、弊社では週に1回、リブロスタートアップセミナーを開催しています。
そこでご参加いただいた方から必ず聞かれることがあります。

それがこれ。

「どうすれば検索結果で上位表示されますか?」


残念ながらSEOは「○○をすれば上位表示されますよ」と断言できるほど簡単ではありません。

SEOは短期的な成果を目標に、楽に順位を上げるテクニックではありません。
長期的な戦略を立て、継続的に施策を行う必要があります。

■SEOは総合的に評価される
リブロスタートアップセミナーでもこの話を説明する時に、よくサッカーに例えて話をしています。

サッカー選手はゴールに向かってシュート練習だけしていても、プロのレベルで活躍できるわけではありませんよね。
監督が求める戦術理解も必要ですし、練習後に十分なストレッチもしています。
ピッチ以外では食事管理に気を配ることもあるでしょう。
90分間戦うために基礎体力の強化も必要ですね。

話を戻しますが、上記をSEOにあてはめると・・

※シュート練習
ターゲットの検索クエリ(検索したキーワード)との関連性を高める行為。

※ストレッチ
アクセス解析機能を活用してサイト分析をする行為。

※戦術理解の向上
物件情報や周辺情報を物件を探す人と検索エンジン双方にアピールする行為。

※食事管理の徹底
低質ではないサイトを日々更新する行為。

※基礎体力の強化
専門性や評判を構築するなど、サイトの基礎体力をつける行為。

などなど、パッと挙げただけでもこれだけあります。
もちろん、SEOですべきことはこれだけではありません・・。

しかし、現在の多くの会社で行われているSEOは
安易にシュート練習ばかりする傾向にあると感じています。

とにかく検索キーワードばかりを意識してしまい、不自然なキーワードを詰め込んでしまったり・・。
結果、成果が出ないので手間がかからない被リンク(外部リンク供給)を試みるわけですが、結局シュート以外のスキルがないから上手くいかない。短期的な成果しかないというわけです。

■Google監督は現実主義
繰り返しになりますが、SEOは「○○をすれば成功する!」というものではありません。
また、開始から1ヶ月間で上位表示されるほど甘いものでもありません。

食事管理の中でシュート練習、戦術理解、基礎体力の強化を図り、練習後のストレッチも忘れない。
細かい作業を地道にコツコツと継続してきたサイトが検索結果で上位表示されています。

その中で、Googleという代表監督がメンバーを選抜するわけですが、シュート練習しかしない新人選手をサプライズ選出をするほど、Google監督は勝負好きではありません。

試合に出して安定的に高パフォーマンスを出せる実績のある選手はもちろん選出されますが、
Google監督が求める水準のプレイができれば、代表に選出されることも十分あり得ます。

また、これまでの実績は十分にあるキングの様なサイトでも
選抜されるレベルでは無いと判断された場合は容赦なく切り捨ててきます。
(1998年フランスワールドカップでカズを選出しなかった岡田武史氏のように・・)

■個性を活かす
選手にはそれぞれ個性があります。

守備はうまくないけど、攻撃時にはサイドをぶち抜く脚力のある選手。
シュートやパスのスキルは平均以下だけど、ボール奪取にだけ長けている選手。など。

もちろん、サイト(各会社)にも個性はあります。
その個性を最大限に活かしていきましょう。

弊社では、貴社のプレイスタイルや長所短所をヒアリングさせていただき、
「この練習メニューはどうだ」「いや、こっちの方が」と一緒に考えさせていただきます。

上位表示されないとお悩みでしたら、ぜひご相談ください。
弊社担当営業とサポート課の2人体制で、Google監督にアピールするための練習メニューをご提案させていただきます。





posted by 村石 at 20:44| 企画開発スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

不動産ホームページの直帰率を改善する2つの方法

cl_tanto_29.jpgスラッシュ株式会社企画推進部 高橋です。繁忙期に向けてのホームページの集客強化をさまざまな会社様にご提案させて頂いております。



今回はそのご提案の中でSEO的なテクニックではなく直帰率を改善するデザインについてお話させていただきます。

【直帰率】とは
「直帰」つまりHPにアクセスしてどのページにも移動せず
HPから離れてしまう割合をパーセンテージで表しています。


  【ユーザー心理を読み解く「ホームページのアクセス解析」】

ユーザーは自分が探している情報が無い(見つからない)と判断すると検索結果に戻り他のサイトへ移動してしまいます。

つまり必要としている情報と検索結果のミスマッチ
だと思われてしまっている状況です。

どんなに物件情報が豊富でもユーザーにとっては
「情報がない」事と変わらなくなってしまう...

ホームページの直帰率が標準より高いとお悩みの不動産会社様には
下記のようなご提案をさせて頂いています。

1:ホームページ内の画像の最適化

2:スマートフォン版の利用

【ホームページ内の画像の最適化】

カンタンにご説明すると「お客様に伝えたいことがしっかりと伝わるようなデザインになっているかどうか」です。

すでに設置しているバナー画像や大きなメイン画像
そこに利用されている文章や素材をチェックする必要があります。

×「不動産の事ならなんでもおまかせ下さい」
○「世田谷区の賃貸管理業務からお部屋探しまでおまかせ下さい」


どんな不動産会社なのかひと目で分かるのは2つ目の文章ではないでしょうか。

「賃貸の管理」から「賃貸物件の仲介」まで請け負っていると一目で分かるような文章です。

また、素材として利用している画像などはお部屋探し専門サイトであれば「住」のテーマに関連するものや「地域性」のあるものをすることで視覚的にユーザーに情報を伝えることができ効果的です。

ユーザーは自分の探している情報があるかを3秒〜5秒で判断するためこの「ファーストビュー」を常に意識することが大切。

今まで何気なく決めていた文章(コピー)や画像を見直してホームページに留まってもらいお部屋さがしをしてもらえる環境を整えましょう!

【スマートフォン版の利用】
ユーザーの環境に合わせたデザインを用意する

つまりスマートフォンユーザーにはスマートフォンのデザインを表示させることでストレスなくホームページを利用してもらうことが出来ます。

弊社の平原もブログでスマートフォンの普及率についてご説明させて頂いています。

20代の5割以上、また30代の3割以上が、スマートフォンで不動産サイトを検索している

これまでスマートフォン対応がそれほど普及していなかった売買サイトでも、実に3割近いユーザがスマートフォンで物件検索をしている

2014年06月11日
リブロ売買版がスマートフォンに対応しました
「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果(2013年10月30日)

自宅から会社へ向かう電車の中では座席に座っている20人の方が全員スマートフォンを使用していたのを見て驚いたことがあります(笑)

これから更に普及率が上がると予想されるスマートフォンユーザーに対してのデザイン対応はそのサイトのユーザビリティ「操作性」を高め直帰率・離脱率考慮する上でとても重要なポイントです。

不動産ホームページ作成サービス 「リブロ」の「賃貸版」「売買版」をご利用の不動産様にはスマートフォン表示のオプションサービスをご提案させて頂いております。

不動産専門のスマートフォンサイトをご検討中・ご興味がありましたらお気軽にお問合わせ下さい!


--------------------------------
今回は「デザイン」という観点から「直帰率」についてお話させて頂きました。
その他にも直帰率改善のご提案はまだまだございます。

次回はまた違った角度からお話させていただきたいと思います。
不動産専門のホームページをご検討中の不動産会社がいらっしゃいましたらお気軽にご相談・お問合わせ下さい。

 【東京本社】TEL:03-5575-6789
 【関西支社】TEL:06-7668-8342




posted by リブロ事務局 at 20:59| WEB担当者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。