blogkijitop.gif

2014年03月26日

繁忙期と閑散期の不動産WEB集客の違いは?

佐藤アイコン.gif
こんばんは。スラッシュ営業の佐藤です。今回は繁忙期閑散期の不動産WEB集客の違いについて、記載をさせて頂きます。

まず、持論になりますが、繁忙期より閑散期の方がホームページ集客が活きてくると私は思っています。
※もちろん繁忙期の方が反響が多くなる傾向に変わりはありません。

【繁忙期】
@引越しシーズンでもあり、お部屋探しをしているお客様の数が多い。
A大手ポータルサイトもSEOやコンテンツ、テレビCMなどに力を入れて反響を増やす為の広告活動に力を入れます。
B引越しをしたい人ではなく、引越しをしなければならないお客様が圧倒的に多い。


【閑散期】
@引越しシーズンでは無いので、こだわりを持ったお客様がお部屋を探す。
A大手ポータルサイトも繁忙期程は広告活動に力を入れません。
(テレビCMの頻度を見ていると非常にわかりやすいです。)
B引越しをしなければならない人よりも、今住んでいるところに満足出来ず、
もっといいところを探そうとしているお客様が多い。

当ブログでも、繰り返しお伝えをさせて頂いているかとは思いますが、
こだわりを持ったお客様は自分の探しているエリア・設備・間取りなどの条件を
GoogleやYahoo!などで直接入力をして探す傾向が非常に高いです。

例:「西麻布 デザイナーズ コンクリート打ちっぱ」
  「吉祥寺 駅近 1R 8万円代」など

ポータルサイトの名前を入力して探す、
または、ポータルサイトのアプリを使って探すよりも、
圧倒的に上記のような探し方が多いのが閑散期だと思います。

そこで、どのようなWEB集客が活きてくるのか?

それは、テーマ特化型不動産ホームページだと思います。

例えば、上記の検索方法であるように
「西麻布 デザイナーズ コンクリート打ちっぱ」
というキーワードを入力するお客様に対して、
東京都内のコンクリート打ちっぱ物件専門サイト
があれば、ビシッとハマりますよね?

こだわりを持ったお客様は、何でも揃う百貨店でモノ探すよりも、その商品の専門店に行きたがります。

不動産のWEB集客では、大手ポータルサイトが百貨店だとしたら、テーマ型専門ホームページは専門店になります。

こだわりを持ったお客様の濃い反響を増やすためには、
テーマ特化型サイトがおすすめです!

■まだホームページを1つしか持っていない。
■ポータルサイトに頼りすぎるのは良くない。
■成約率・来店率の高い反響を増やしたい。

以上のような悩みをお持ちの不動産会社様は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?






posted by 佐藤 at 20:30| 営業スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

ホームページからの反響を増やすには

渡部.jpgこんにちはスラッシュ株式会社の渡部です。今日は繁忙期明けに考えておくべき点を書かせていただきます。

自社ホームページで集客するにあたって大切なこととして
ホームページ集客は点の視点だけだはなく、線の視点で見る事が大切です。


【点の視点とは】
1. 訪問数(ユーザー数)
2. ランディングページ訪問
3. コンテンツ
4. 離脱率・直帰率
5. 反響(コンバージョン)


1を伸ばす方法は以下の通り
@ SEO対策(内部・外部)⇒リブロの場合は物件の更新や、日記機能、こだわりURL生成など ※外部対策は昨今、専門の業者様でも難しくなってきたと言われております。
A リスティング広告
B その他広告

2を伸ばす方法
ユニークな下層ページを作ることはもちろんですが、システム的にもその下層ページがインデックスされるようなものであること。※リブロは対策済み
⇒ユニークなとは、他のサイトからのコピペや引用を使うのではなく、オリジナルの文章を入力していただくことです。

3はサイト内の作り込みにも当たりますが、3をしっかり対策していれば4の数字にも影響を与えます。
例.学生集客サイトであれば、OB/OGの声。ファミリー向けサイトであれば、学区検索や近隣の公共施設情報など


4はエンドユーザーが調べたい情報とホームページの内容がマッチしているか?
また、ページが繋がっているか?
リブロでは似たもの物件の表示やコンテンツが自然と表示されるようになっております。

5に関しては大きく言って、下記の2点が挙げられます
@ 会社の信頼度(会社詳細ページ、スタッフ紹介等)
A  お問い合わせ前最終ページからお問い合わせまでの導線(スマホで物件を検索される方にとって、モバイル版スマホ版でのメリットは見易さの他にココがポイントになります!)

上記、それぞれの1〜5の点を一本の線として、ホームページを見直してみましょう!
普段反響数を上げるためにSEO対策をしたり、広告を出したりと1を
重点的に見ている会社様は多いかと思います。
それも大変重要な事ですがしかし、点の視点だけではなく線の視点でホームページを作り込むという事にチャレンジ出来るのが繁忙期明けだと思います。

不明な点などございましたら、各エリアの営業担当又は弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。今後ともよろしくお願いします。
posted by 渡部 at 17:14| 営業スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。