blogkijitop.gif

2009年03月02日

自社HPの物件情報の質と量の関係。

こんにちは、リブロの開発担当、スラッシュ株式会社の椿です。

初めてホームページを持とうとする不動産会社の
ネット担当者から下記のような要望をよく頂きます。

「物件入力に手間をかけずに大量に物件情報を掲載したい。」

実は、このご要望、物件ポータルサイトへの掲載では
いい結果をもたらすかもしれませんが、
自社のホームページ運営としては、必ずしも良いとは言い切れません。

それはなぜか・・・・


1、自社ホームページにたどり着くユーザーはある程度ニーズが限定されている。

2、物件ポータルサイトで探すユーザーと
  不動産会社のホームページで探すユーザーは違うタイプの人間である。

3、ひとりのユーザーはそんなに多くの物件から選びきれない。


 多くのヒトが訪れる、物件ポータルサイトの中にあっては
自分達の掲載した物件が目に留まるようにするために、
それなりの物件数の掲載が必要になってくることでしょう。

*大手の不動産会社などは物件コンバート・システム等を使って
半自動的に物件情報を大量且つ迅速に物件ポータルサイトへ
物件情報を流し込んでいます。

しかし自社ホームページの場合、そのサイトにたどり着いたユーザーに
対して必ずしも大量の物件情報が必要なわけではありません。

まして、ラクに入力した物件情報などはいくら大量にあったとしても
問い合わせにまでいたりません。


自社サイトにくるお客様は(ユーザー)は・・・

■地域や特徴をしぼって、その要望をかなえてくれるで
あろう不動産会社を探しにサイトへ訪れます。

■物件ポータルサイトではわかりにくい会社の信用性さ雰囲気、
より詳しい物件情報を求めてサイトに訪れます。

■ひとりのお客様は1000、2000のサイトがあったとしても
きっと自分の条件に適した、2,30件程度しか閲覧しないと思います。


ある程度、常時50〜100件程度の空き情報は必要かもしれませんが、
物件数よりもまず、

<コンセプト>「地域や特徴」がハッキリしているか。
<質・鮮度>物件の詳細情報がポータルサイトや他社よりも詳しく、
        且つ更新されているか。

↑が自社ホームページ運営には重要になります。
その上で余力があれば物件の数を増やしていかれたら良いと思います。

自社のホームページでは「数<質」に重点を置くことがポイントです!


posted by リブロ事務局 at 05:53| リブロからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

繁忙期にも関わらずありがとうございます。

ストリートビュー.JPG


こんにちはスラッシュ(株)リブロ開発担当の椿です。

3月も終盤にさしかかり、今期のシーズンもほぼ見えてきたかた感じでしょうか。
いかがお過ごしでしょうか。

今年は不景気の影響もあってか、なかなか苦戦されている不動産店舗も多かったのではないでしょうか。また、シーズンになってもあきらかに来店のヤマがなくなってきている、というのは5年程前からずっと聞くようになりました。

 一方、リブロは繁忙期にもかかわらず、すぐに始められることが、好評なのか、前年同時期を越えるお申し込みを頂きました。本当にありがとうございます。

インターネット普及以前の雑誌での集客と比較すると、ホームページでの集客は地道でなかなか手ごたえがつかみにくくなりました。逆に地道に物件情報の登録、更新することはシーズン中であっても重要なことから、その利便性を追求したリブロは繁忙期であっても不動産会社のホームページ担当者様から評価を頂けたように思います。

今回新たに、リブロ賃貸ASPでは、物件詳細画面でのgoogleストリートビュー表示や同建物内の賃貸物件一覧を掲載できる機能をあらたに追加いたしました。もちろん追加機能による利用料のUPはありません!

繁忙期もひと段落し、来期のホームページ集客をお考えのご担当者様、
貴社戦略をお伺いしながら、最適なご活用方法をご提案させて頂きます。お気軽にご連絡ください。






posted by リブロ事務局 at 19:01| リブロからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産ホームページ作成リブロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。